冬でも蜂の巣退治が危険な場合がある?

蜂の巣退治に季節は関係ない 蜂の巣退治に季節は関係ない

蜂に関する情報を調べてみよう

ここで、蜂の活動期間や蜂の巣退治に関するよくある質問を紹介していきたいと思います。

蜂の生態や駆除に関するQ&A

蜂が活動を行なう時期はどのくらいですか?
春から秋が活動時期です。蜂の種類によって少しずつ違いはありますが、基本的に夏が最も活動が活発になる時期と言えるでしょう。攻撃性がかなり強くなっている時期なので、不用意に近寄るのは危険です。反対に冬は活動が止まるので、比較的安全に巣の撤去ができます。
冬に蜂の巣を見つけたのですが、自分で駆除することはできますか?
冬には働き蜂が全滅していますので、基本的に駆除の必要はありません。ただし、女王蜂だけは残っていますので、これを自分で駆除することは可能でしょう。必ずしも巣にいるとは限りませんので、巣を処分したからといって女王蜂が駆除できたというわけではないので注意してください。
冬に蜂の巣を撤去すれば蜂の被害を予防することはできますか?
女王蜂を駆除することができれば可能です。ただし、女王蜂は巣の中にずっといるとは限りません。女王蜂がいない時に巣だけを撤去しても、また新たな巣を作られてしまうだけです。蜂の被害を予防したいのであれば、巣ではなく女王蜂を駆除しましょう。

冬は働き蜂がいないので、巣の撤去は比較的安全に行なえます。ただし、蜂の被害を予防することが目的なのであれば、女王蜂の駆除に重点を置いてください。

蜂の中には越冬できる種類が存在しています

蜂は寒さに弱く、女王蜂以外は越冬することができません。しかし、蜂の中には寒さをものともせず、女王蜂でなくても越冬できる種類もいます。

ミツバチの巣を撤去するのは危険

働き蜂でも越冬が可能なのは「ミツバチ」です。ミツバチはひとつの巣に5万匹もの大群で住んでいます。冬になるとすべての蜂が体を寄せ合ってお互いを温めるので、越冬することが可能なのです。そのため、撤去しようとしているのがミツバチの巣だった場合、自力で行なうと危険です。

スズメバチなどとは異なり、冬でも変わらずに活動するミツバチですから、巣の撤去をするのであれば業者に依頼するのがおすすめです。

TOPボタン