蜂の巣退治をする前に蜂の種類を把握しよう

蜂の巣退治に季節は関係ない 蜂の巣退治に季節は関係ない

まずは蜂の種類を確認してみよう

ハチ

都心部でもよく見かけるのは、「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」の三種類です。これらの蜂はそれぞれ異なる特徴を持ち、活動期間にも違いがあります。

それぞれの蜂が持つ性格と危険性

スズメバチ
蜂の中では最も大きい種類です。そして、攻撃性が最も高い種類でもあります。そばを通っただけで攻撃してくることもあり、スズメバチの持つ毒は「毒のカクテル」と呼ばれ恐れられています。毒針を刺してくる以外にも、毒をまき散らすこともあるようです。
アシナガバチ
スズメバチと似た見た目ですが、やや細身で長い足を持つのが特徴です。攻撃性はさほど高くありませんが、巣に近寄れば攻撃してきます。アシナガバチの中でも、「キアシナガバチ」という種類は刺された時の痛みがかなり強く、スズメバチ以上だとも言われているほどです。
ミツバチ
こちらから刺激をしなければ攻撃してくることがない、大人しい蜂です。ただし、ミツバチを怒らせて攻撃されればやはり危険。毒液の毒性は強く、ショック症状を引き起こすこともあるそうです。強い臭いを発するのも特徴で、仲間を呼び寄せてしまわないよう、しっかり臭いを落としましょう。

冬の間に蜂の巣を見つける方法

もし、あなたの自宅の近くで頻繁に蜂が巣を作るようであれば、自宅周辺が蜂にとって快適な場所となっている可能性があります。一度、自宅周辺の環境をチェックしてみましょう。

蜂の営巣に最適な場所

  • 蜂にとって快適な場所、それは外敵がおらず雨風が入ってこない場所です。そのような場所であれば、女王蜂は安心して卵を産むことができるのです。例えば、家の軒先です。特に、マンションのベランダの軒先などは高さがあるので外敵が少なく、雨風が凌げる好条件の場所と言えます。
TOPボタン